インフルエンザについて

投稿日:2019年1月29日|カテゴリ:お知らせ

インフルエンザについて

インフルエンザは風邪のウイルスです、つまり風邪です。

インフルエンザの予防について

              インフルエンザの予防は、ワクチン接種とうがい、手洗いです。

              ワクチン接種してもインフルエンザに感染することもあります。

インフルエンザの症状、診断について

              風邪症状(のど、はな、せき)と熱、痛み(筋肉痛、関節痛)です。

              特に、熱や痛みが目立つ場合はインフルエンザです。

              検査をしなくても症状と経過から診断は可能です。

インフルエンザの検査について

           検査で陽性であれば、インフルエンザです。

           検査で陰性であっても、インフルエンザの可能性があります。

                            この場合を偽陰性といい、検査キットの限界です。

                            インフルエンザだけれども、検査では陰性ということです。

                            熱がでてから12時間という話もありますが、正しくは不明です。

インフルエンザの治療について

              十分な睡眠、十分な栄養の補給です。

              インフルエンザ治療薬の効果はどれも同じです。なくても治ります。

    治療薬にはタミフル、イナビル、リレンザ、ゾフルーザがあります。

              タミフルは1回1錠、1日2回、5日間。一番安価で歴史があります。

              解熱鎮痛剤はカロナールがおすすめです。漢方薬も効果があります。

インフルエンザ後の登校、出社について

              学校保健安全法では、発症から5日後、かつ解熱後2日後です。

              社会人の場合、決まりはありませんが、上記に準ずるのが安全です。

              治療確認目的の受診は必要ありません。

インフルエンザ治療薬の予防投与について

              予防の基本は、ワクチン接種とうがい、手洗いです。

              ご家族、同居人がインフルエンザの場合は、予防投与が可能です。

              (予防投与の明らかな効果は不明です。)

              イナビルの場合、10歳以上は計2個1日1回2日間。