胃がんリスク(ABC)検査

胃カメラ(内視鏡)の前にまずは胃がんリスク(ABC)検査を受けませんか

胃がんリスク(ABC)検査とは

ピロリ菌感染の有無を調べる検査(ピロリ菌抗体検査)と、胃粘膜の萎縮の状態を調べる検査(ペプシノゲン検査)で、将来胃がんになりやすいかどうかを判定する採血検査です。
この検査は、胃がんのなりやすさを判定するものであり、胃がんがどうかを調べる「胃がん検診」ではありません。

 

胃がんリスク(ABC)検査(自費) 3500円

 

胃がんリスク検査総合判定

 

 

 

総合判定 異常なし 要精密検査
A群 B群 C群 D群
ペプシノゲン検査 陰性 陰性 陽性 陽性
ピロリ菌抗体検査 陰性 陽性 陽性 陰性
胃の状態 正常な胃 正常な胃にピロリ菌が感染 胃粘膜の炎症をおこし少しづつ胃が萎縮 胃粘膜の萎縮が進みピロリ菌が胃に棲息できない

検査の結果、B群、C群、D群のいすれかの判定となった場合は、精密検査(胃カメラ(内視鏡)検査)を受診して下さい。ピロリ菌に感染している場合は除菌治療が必要です。
A群の方は、現時点では胃がんになるリスクは低いと判断されますが、定期的に胃がん検診を受診しましょう。また、胃炎等の症状がある場合はご相談下さい。

診療時間のご案内

 
午前 - - -
午後 - - - -

午前:9:00-13:00
午後:15:00-19:00

休診日:木曜日、日曜日、祝日

アクセス方法

〒154-0003 世田谷区野沢3-1-16
TEL:03-5779-8255
※医院駐車場(2台)完備しております。

  • 東急東横線学芸大学駅徒歩10分
  • 東急バス、反11水車橋徒歩1分
  • 東急バス、恵32下馬六丁目徒歩1分
  • 東急ストア駒沢通り野沢店徒歩1分
  • 駒沢陸橋徒歩1分
野沢3丁目内科 ホスピタ掲載ページ